ネイルスペシャリスト

ネイルスペシャリストの試験は、4つの等級A級、PA級、AA級、AAA級に分かれていますが、試験が4種類あるわけではなく、A級の試験と、PA、AA、AAA級の3レベルを決定する試験の2種類となっています。
どちらの試験においても学科と実技試験があり、どちらかに合格しておくと次回試験を受ける時には、合格している方が免除されます。

試験点数によって合格級が決まる試験では、AAA級のレベルが一番高く、合格率がわずか7%とかなり難しいのですが、合格すると同試験の監査官、I-NAIL-Aが主催する講習会の講師などいろいろと活躍の場が広がります。

■受験資格

誰でも受験できる

■試験内容

筆記(30分50問)、実技試験
「筆記」
ネイルの衛生学、人体のしくみ、ネイルとその異常、マニキュアリストの化学、マニキュアの技術(実践的施術)
「実技」
テーブルセッティング 10分
ネイルケア両手 30分
スカルプチュア2本右手 15分
スカルプチュア2本右手 10分
チップ1本、ラップ1本右手 20分
カラーリング両手 20分

■問い合わせ先

インターナショナルネイルアソシエーション(I-NAIL-A)
TEL:03-3538-8295
http://www.i-nail-a.org/

スポンサードリンク