ハーブセラピストの仕事をしたい

ハーブは彩り、香り、味覚などを通し、心と体を癒してくれる自然の産物です。
1万年以上前から使われてきた長い歴史を持つハーブは、魔よけのお守り、女性の美しさを保つための防腐剤、兵士たちの傷や病を癒すための薬草としてあらゆる場面で使われてきました。
ストレスがたまりやすい現代社会、また、高齢化社会で自然の力で癒され、アレルギー作用が少なく、気軽に楽しめるということから注目が高まってきています。

視覚・味覚・嗅覚・触覚・聴覚と5感のすべてを楽しむことができる、ハーブの中でも手軽に癒し効果を実感できるのがハーブティーです。
たくさんのハーブの中からそのときの気分や体調によって使い分けて楽しめたり、他人を癒すことで自分も一緒に癒されるというセルフヒーリング効果があります。

ハーブセラピストとして活躍する

まだまだ広まり始めたばかりなので、学校は少なく、ジェイ・コミュニケーションアカデミーではハーブの講師を招き、あらゆる知識と技術が学べます。

ハーブセラピーの知識と技術を身につけて、ハーブティーサロンやハーブ教室の講師やアドバイザーなど多方面での活躍が期待されます。
そのためにも、養成講座を受講し、ハーブセラピストの資格取得を目指すことが必要です。

スポンサードリンク