ヘアーデザイナー(美容師・理容師)の仕事をしたい

シャンプーからカット、パーマ、カラー、スタイリングまでトータル的にヘアスタイルを美しく、お客様の希望の髪型を作り出すのが美容師の仕事です。
閉店後にも流行のヘアスタイルを取り入れたり、作り出す為の勉強をし、ヘアショーなどで発表します。
優れた技術はもちろん、常に流行に敏感でセンスを強く求められます。
雑誌などで、常に新しい情報を仕入れなければなりません。

独立開業も可能で、ヘアメイクアーティストやファッションスタイリストとしても活躍できます。
その他にもヘアメイクアーティストや、雑誌やテレビCMなどの現場で出演者のヘアメイクを担当するといった活躍の場もあります。

今まで日本ではヘアとメイクを1人のアーティストが担当していました。
けれども、高度な専門性が求められる現場が増えてきているので、ヘアとメイクを分業化が進み専門性がもとめられる時代がくるかもしれません。

ヘアーデザイナー(美容師・理容師)として活躍する

在学中に、ロンドンやニューヨークの有名なヘアサロンに短期留学できる専門学校もあり、一流のヘアデザイナーのそばで勉強できます。

専門学校を卒業したら、美容院に就職し、下積みをします。
カットができるようになるまで、下積みに最低数年間はかかるでしょう。

美容師の仕事が一通りこなせるようになれば、師匠などのアシスタントになり技術を向上するための修行をしましょう。
また、ヘアに関することだけではなく、メイク、着付け、ネイルケアなど美容全般も学んでいると、一層活躍の場が広がるでしょう。

スポンサードリンク