カラーコーディネーターの仕事がしたい

カラーコーディネーターの仕事内容は、商品や服装の色の組み合わせ、デザインを考えたり、企業の商品企画で色について決定したり、そのほかストレスを緩和させるために色を選ぶカラーセラピーなどさまざまです。
カラーコーディネーターは主に、商品開発の担当が仕事ですが、一部にはカラーコーディネーター業務を専門にしている事務所もあります。

カラーコーディネーターとして活躍する

カラーコーディネーターとして働くのに資格は必要ではありませんが、カラーコーディネーターに関連する資格はあるので、フリーで事務所を構えたいと考えている人は、取得しているほうが有利です。
カラーコーディネーターとして求人を募集している企業は無く、商品の開発担当者として募集しているところが多いので、色をたくさん使っているアパレルやインテリアのメーカーに就職するのが望ましいといえます。

スポンサードリンク