メイクアップアーティストの仕事がしたい

メイクアップアーティストの仕事は、化粧品会社やエステサロンに勤務しお客様にメイクの指導をしたり、ショーや舞台に立つ役者のメイク、モデルの撮影時のメイク、結婚式の花嫁さんのメイク、学校などでの指導などといろいろとあります。 現在はフェイスメイクだけでなく、ヘアメイクも一緒にやるのがメイクアップアーティストとして一般的です。

メイクアップアーティストとして活躍する

メイクの専門学校などで技術を学んだ後、化粧品会社に就職したりフリーとなって仕事をしていくことになります。
フリーとなって仕事をするには、いきなり活躍できることはないので、実績のある人と知り合いになり、アシスタントとして仕事をして人脈を広げ、資格、経験を増やしていくのが独立の道への第一歩となります。
化粧品会社などの会社勤めの場合は、普通の社員と待遇面では変わらないので安定していますが、フリーの場合は、アシスタントの時代だと収入がほとんどない期間が続く可能性があります。

しかし、ある程度の仕事がとれるようになってくると、人並み以上の収入を得ることができます。

スポンサードリンク